湘南ケーブル、下り15Mbpsのフィールド実験モニタを募集 | RBB TODAY

湘南ケーブル、下り15Mbpsのフィールド実験モニタを募集

ブロードバンド その他

 湘南ケーブルネットワーク(神奈川県)は、CATVインターネット接続サービス「SCN-NET 」において、最大速度下り15Mbpsの「15Mbpsサービス」のフィールド実験を開始する。

 同社の予定しているフィールド実験は、最大速度下り15Mbps/上り1.2Mbps、グローバルIPアドレスをDHCPで付与するというもの。なお、今回の実験では、CATVモデムを実験用の高速モデムに交換して行われる。

 同社では、第1次モニター募集で10名を選出、現在、追加10名の2次募集を開始した(応募締め切りは15日)。モニター期間は高速モデムを設置してから2ヶ月間。

 同社は、256kbps〜4Mbpsまで5種類のコースを提供しているが、フィールド実験の結果によっては、あらたに高速コースが追加されるといったメニュー全体の見直しが行われるものと思われる。
《RBB TODAY》

特集

page top