Jストリーム、5.1chサラウンドによるライブ配信技術を開発。WindowsMedia9に対応 | RBB TODAY

Jストリーム、5.1chサラウンドによるライブ配信技術を開発。WindowsMedia9に対応

エンタメ その他

 Jストリームは、マイクロソフトと日本HPと共同で「Microsoft WindowsMedia9」の技術を用いて5.1chサラウンドに対応したライブ配信技術を開発したと発表した。

 今回開発されたのは、3MbpsでDVD並、6MbpsでHD(High Definition:1280×720ピクセル以上の高精細動画)並のクオリティをライブ配信する技術。いずれも約30フレーム/秒となる。Jストリームでは配信技術の開発にあたり、マイクロソフトからは「Windows .NET Server 2003」や「Windows Media テクノロジー」を、日本HPからはライブエンコード用のマシンや配信用のハードウェアの提供を受けた。

 これらの技術を元に、2003年3月末までに配信支援サービス「Windows Media9 シリーズ5.1chライブ配信サービス(仮)」を開始する予定だ。サービスでは通信会社とも協力して3Mbpsの配信からスタート。ハードウェア環境が整い次第、6Mbpsのサービスも開始するとしている。価格は、2時間程度で500万円程度からとしている。

 同社では、音楽やスポーツイベントのライブ配信の利用を見込んでおり、ブロードバンド環境におけるライブストリーミング市場の開拓を行っていくとしている。
《RBB TODAY》

特集

page top