NTT西とエフエム東京など、ラジオ番組とBBを連動させた新コンテンツを配信 | RBB TODAY

NTT西とエフエム東京など、ラジオ番組とBBを連動させた新コンテンツを配信

エンタメ その他

 15日より、ラジオ放送と連動した映像コンテンツが配信される。このメディアミックスは、fm osakaのリスナー参加型番組とTOKYO FMのライブ放送を、NTT西日本のフレッツ・スクウェアで配信するという形で実現する。今回は、試験サービスとして2003年3月31日まで配信される。視聴できるのは、大阪府・京都府・兵庫県のフレッツシリーズのユーザ。

 配信が予定されている番組は「Next Break@Online」「LIVE@FM」の2つ。Next Break@Onlineは、新人アーティストを発掘するという企画ものだ。まず、fm osakaが毎週日曜日に放送している「Sunday Special」(19時より)で新人アーティストを紹介し、フレッツ・スクウェアでその演奏を配信する。最後に、ティーエフエム・インタラクティブ(TFMi)の運営するブロードバンドコンテンツサイト「iiV」で人気投票を行うという流れで、双方向性を実現している。11月15日より配信開始となり、放送に合わせて月1回更新される。

 LIVE@FMは、TOKYO FMがプロデュースした有名アーティストのライブ映像をiiVとフレッツ・スクウェアで配信する。フレッツ・スクウェアでは、未放送の番組やリハーサル、アンコールなどの映像も独占的に配信する予定になっている。コンテンツはライブ放送後4週間配信される。11月21日より毎週1回、更新される。

 放送とブロードバンドというメディアミックスによって、同社らは若年層への普及を促進し、ニーズをリサーチするとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top