共有フォルダで感染する「W32.Opaserv.Worm」の感染が拡大 | RBB TODAY

共有フォルダで感染する「W32.Opaserv.Worm」の感染が拡大

エンタープライズ その他

 アンチウイルスベンダ各社は、Windowsのネットワークファイル共有を使って感染を広める「W32.Opaserv.Worm(シマンテック名称。別名:W32/Opaserv-A、WORM_OPASOFT.Aなど)」の感染被害が多く寄せられていることを受け、危険度レベルを引き上げて警戒を促している。

 W32.Opaserv.Wormは、ネットワーク上のパスワード保護されていない共有を狙って感染を広げる動作をするもので、インターネットから更新されたウイルスコードをダウンロードする機能も含まれている(更新については、参照先URLが閉鎖中のため実際には動作しない)。

 シマンテックによれば既に感染台数は1,000を超えており、メール経由でないワームとしてはかなりの感染力であることがわかる。ウイルス定義ファイルの更新などの対策をおこなっていただきたい。
《RBB TODAY》

特集

page top