災害発生時の被害状況を可視化する「被災状況マップ」が試験公開 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

災害発生時の被害状況を可視化する「被災状況マップ」が試験公開 1枚目の写真・画像

 狭域防災情報サービス協議会は8日、「被災状況マップ」を試験公開した。救助活動支援を目的として被災地の災害状況を可視化し、災害発生後の一定期間は無償提供する。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

サンプル画像は昨年8月の豪雨による広島市土砂災害の被災状況マップのイメージとなっている(画像は被災状況マップより)。
サンプル画像は昨年8月の豪雨による広島市土砂災害の被災状況マップのイメージとなっている(画像は被災状況マップより)。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 農業IT化の市場規模、2020年に9倍…クラウドは28倍

    農業IT化の市場規模、2020年に9倍…クラウドは28倍

  2. 学校と同じソフトを家庭でも、ジャストシステムが限定版を無償提供

    学校と同じソフトを家庭でも、ジャストシステムが限定版を無償提供

  3. ゲリラ豪雨に対応するアルミ製止水板を文化シヤッターが発売

    ゲリラ豪雨に対応するアルミ製止水板を文化シヤッターが発売

  4. ミサワホーム、建物内部への浸水被害を抑える「ワンタッチ防水シート」を発売

  5. 【連載・視点】海外需要を捉えて成功した日本の伝統工芸……岩鋳の南部鉄器

  6. 【木暮祐一のモバイルウォッチ】今、NTTドコモに求められる役割……「CEATEC JAPAN 2012」総括

  7. はやぶさ2の打ち上げが12月1日以降に延期!

  8. 信州・諏訪地域の技術が集結!「諏訪圏工業メッセ2015」が15日開幕

  9. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  10. IoTと顔認証技術を活用した「高齢者見守りサービス」の実証実験を開始

アクセスランキングをもっと見る

page top