富士通、要件定義のノウハウを「Tri-shaping」として体系化 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通、要件定義のノウハウを「Tri-shaping」として体系化 1枚目の写真・画像

 富士通は9日、業務プロセスの分析・改善提案とICTシステムの構築における要件定義の手法「Tri-shaping(トライ・シェイピング)」を新たに体系化したことを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

関連ニュース

要件定義の3つの切り口
要件定義の3つの切り口

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 海外に動き出した星野リゾート!日本旅館の発想ベースに

    海外に動き出した星野リゾート!日本旅館の発想ベースに

  2. 学校と同じソフトを家庭でも、ジャストシステムが限定版を無償提供

    学校と同じソフトを家庭でも、ジャストシステムが限定版を無償提供

  3. ソフトバンクグループ、企業向けに「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」提供開始

    ソフトバンクグループ、企業向けに「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」提供開始

  4. フュージョン「IP-Phone SMART」、複数端末で利用可能に……デザインも刷新

  5. カゴメが野菜ジュース実験結果を8月末発表

  6. KMN、JPIX名古屋の10GbEポートサービスの提供開始

  7. 入床・入眠・離床を把握して介護をサポートする睡眠見守りセンサー

  8. 【インタビュー】ARはどこまで浸透する?印刷業界の動き

  9. 【マイナンバーQ&A】企業が個人事業主・フリーランスからマイナンバーを取得する基準は?<法人編>

  10. 「Office 365」への移行メリットをレビューすると、「ThinkPad 8」が当たる

アクセスランキングをもっと見る

page top