大竹しのぶ、さんまの意向で女優やめようとした時期も 「自分にうそをつきたくない」と復帰 | RBB TODAY

大竹しのぶ、さんまの意向で女優やめようとした時期も 「自分にうそをつきたくない」と復帰

エンタメ その他
大竹しのぶ【撮影:こじへい】
  • 大竹しのぶ【撮影:こじへい】
 女優の大竹しのぶが29日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演し、元夫の明石家さんまとの結婚生活中に女優引退を考えたことを明かした。

 共演した歌手の岩崎宏美が「しのぶちゃんと私は結婚した時期も一緒で、お互いに一時期、仕事をやめようと思った時期もあったんだよね。だけど周りに『やめちゃいけない』と言われて続けたんだよね」と語ると、大竹は「さんまさんは、おうちにいてほしいみたいな感じはあったかな」と明かした。これに岩崎が「えーっ、生意気!」と驚き。

 大竹は「でも(さんまと)話して仕事をするようになった。1年半ぐらい休んだかな。仕事をしてなくて、娘を出産して。でもそのとき、細胞が塞がれている感じがあって。もちろん子ども育てることもご飯作ることも幸せなことのひとつなんだけど、でもなんか、いきいきしてなくて…」と休業期間を振り返り、「進むべき道は体が教えてくれる。自分にうそをつきたくないと思う」と話した。
《角谷》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

page top