櫻坂46・渡邉理佐、『二人セゾン』のMV撮影地へ!1期生と欅ポーズで記念撮影 | RBB TODAY

櫻坂46・渡邉理佐、『二人セゾン』のMV撮影地へ!1期生と欅ポーズで記念撮影

エンタメ 音楽
渡邉理佐(櫻坂46)【写真:竹内みちまろ】
  • 渡邉理佐(櫻坂46)【写真:竹内みちまろ】

 櫻坂46・渡邉理佐が、15日放送の『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京系)で、『二人セゾン』のMV撮影地を訪れた。

 今回の企画は、22日のコンサートをもってグループを卒業する渡邉の思い出の場所めぐり・前編。その中で彼女がやってきたのが、欅坂46 3rdシングル『二人セゾン』のMVを撮影した千葉・幕張。

 彼女は同曲について「一番大好き」と、欅坂・櫻坂を通して最も思い入れがある曲と告白。さらにMV撮影についても「すごく青春があふれてた」「夕日をバックにみんなで橋の上で踊ってるときも、これがずっと続けばいいな思っていた」と振り返った。


 そんなMVの中でも印象的な大階段にいたのが、同じ1期生の齋藤冬優花、菅井友香、土生瑞穂、原田葵。彼女たちも『二人セゾン』のMVに感じ入るところがあるようで、菅井は「MVを見返すと、またここに来たいなと思っていた」「年をとればとるほどあのMVが沁みてくる」と笑った。

 卒業する渡邉に向けて土生は「人生1度きりだし、その道を切り開くのは自分しかいない」と前を向き、「寂しいですけど理佐が決めたことを応援してあげたいなって思うし。この絆は卒業しないと思う」と名言を生んだ。

 渡邉の個人的ファンという齋藤は「もうちょっと見たかったなという気持ちもある」としながら「メンバーとしてずっと先頭に立ち続けてくれていた」と感謝。「これから理佐のために時間を使って欲しい」と求めた。

 原田は「ずっと長くグループを引っ張ってきて、『ここまでお疲れ様』という思いがある」とねぎらいつつも、渡邉がいることで賑やかだった楽屋が「これから静かになっちゃうと思うとすごく寂しい」と本音。最後に齋藤のリクエストで、MVの大階段で欅ポーズをしながら記念撮影。また1つ、新たな思い出を増やしていた。

《杉山実》
【注目の記事】[PR]

特集

page top