限界に挑む選手たち!北京五輪、男子フィギュアの鍵「4回転ジャンプ」......『NHKスペシャル』 | RBB TODAY

限界に挑む選手たち!北京五輪、男子フィギュアの鍵「4回転ジャンプ」......『NHKスペシャル』

エンタメ その他
(C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
【PICK UP】

 30日21時からは、『NHKスペシャル』がNHK総合で放送される。

 今回の番組サブタイトルは「王者のジャンプ~フィギュアスケート男子~」。北京オリンピックの男子フィギュアスケートで勝負を決する「4回転ジャンプ」。オリンピック2大会連続優勝の羽生結弦選手は、まだ誰も成功させたことのないジャンプで勝負をかける。前回ピョンチャン大会直後に「4回転アクセル」への挑戦を宣言。ジャンプの中で最も難度が高いアクセルを「王者のジャンプ」と自ら表現し、この4年間を習得に費やしてきた。しかし、まだ試合で成功したことはなく、12月の全日本選手権でも回転不足と判定された。

 羽生選手を追いかけるのは、日本の宇野昌磨選手と鍵山優真選手。宇野選手は、フリーで4種類の4回転ジャンプを合計5本飛ぶプログラムで金メダル獲得を狙う。18歳の鍵山選手は、父正和さんの指導を受け急成長中。2種類の4回転ジャンプを抜群の成功率でこなし、世界ランキングは現在1位。全日本選手権では、宇野選手も鍵山選手も、羽生選手には及ばなかったが、北京で逆転を狙い、さらに練習を重ねる。オリンピックの舞台で、羽生選手は「王者のジャンプ」を見せることができるのか。そして、宇野選手、鍵山選手は、自らの演技をさらに高めることができるのか。限界に挑む選手たちの姿を追う。
《KT》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

page top