小栗旬、大手事務所からの移籍オファーを拒否した過去 亡き恩人との秘話も明かす | RBB TODAY

小栗旬、大手事務所からの移籍オファーを拒否した過去 亡き恩人との秘話も明かす

エンタメ その他
小栗旬【撮影:小宮山あきの】
  • 小栗旬【撮影:小宮山あきの】
【PICK UP】

 小栗旬が、10日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に出演。現在の所属事務所トライストーン・エンタテイメントとの深いつながりを明かした。

 子役から出発したものの、その頃の仕事はもっぱらエキストラだったという小栗。そんな彼を15歳のとき、トライストーンに誘ってくれたのが元マネージャー細川美由紀さんだった。

 細川さんのマネジメントによって着々と人気を得た小栗。当時、大手事務所からも移籍しないかというオファーがあったそうで、「『このぐらいの給料あげるよ』なんて言われてマジで行きたいなと思うこともあった」と本音。

 だが2004年、細川さんがガンに侵され他界。すると事務所の社長から「もしお前が辞めるなら、事務所を畳もうと思う。細川の想いがあって始めた会社だし、うちの規模は小さいし、お前が別の事務所に行きたいなら紹介する」と告げられる。

 さらに「1週間あるから考えてみてくれ」と猶予は与えられたものの、「彼女が亡くなったから、この事務所を離れるという選択肢はなかった」と語った小栗。翌日すぐ電話し、「社長、俺、トライストーンにいちゃいけないですか?」と、事務所に残りたいと懇願したという。こうして会社は28年経った今も存続しているが、ここまで聞き終えた中居正広は「知らなかった」と驚いていた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top