【1,000円台から!】ゲオのコスパ高ワイヤレスイヤホンが凄かった! | RBB TODAY

【1,000円台から!】ゲオのコスパ高ワイヤレスイヤホンが凄かった!

IT・デジタル ガジェット・ツール
【1,000円台から!】ゲオのコスパ高ワイヤレスイヤホンが凄かった!
  • 【1,000円台から!】ゲオのコスパ高ワイヤレスイヤホンが凄かった!
  • 【1,000円台から!】ゲオのコスパ高ワイヤレスイヤホンが凄かった!
 ここ数年、ワイヤレスイヤホンはどんどん進化していますが、それと同時にどんどん高価になっています

 今回は、コストパフォーマンスを求める方にぴったりのゲオのワイヤレスイヤホンを紹介します。DVDレンタルやゲームソフト販売で知られているGEOですが、実は格安イヤホンシリーズも充実しており、自社製品として販売しています。





 紹介する主なラインナップは価格帯で分類することができます。下の表を参照してください。





 動画のなかでも紹介していますが、なかでも特徴的なものを挙げると……。

(1)完全ワイヤレスイヤホン SWE-T4(2,980円/税抜き)
※ハイコスパを求めるけど、性能にも妥協したくない人向け
【主な特徴】
・つけ心地:片耳4.85gで軽量。IPX4なので、運動中の使用もOK。
・遅延:本格的なゲームには厳しいが、Bluetooth接続で低遅延はありがたい。YouTube動画などもストレスなく見れる。
・バッテリー:本体だけで最大再生4.5時間。
・接続の容易さ:自動ペアリング機能

(2) 完全ワイヤレスイヤホン SWE-M30(1,980円/税抜き)
※完全ワイヤレスイヤホン初挑戦の方向け
【主な特徴】
・つけ心地:片耳3.5gで軽量。IPX4なので、運動中の使用もOK。
・バッテリー:本体だけで最大再生5時間。ケースのインジケーターでも充電レベルがわかる。M22ではケースのなかの数字で充電レベルがわかる。
・接続の容易さ:自動ペアリング機能
・マイク性能良い「SWE-QT13」、インジケーター数値確認可能モデル「SWE-M22」、WEB会議に向いている「SWE-QT12」も注目

(3) bluetoothイヤホンカナル型ケース付(980円/税抜き)
※スポーツなどで気楽に使えるセカンドイヤホンを探している人向け
【主な特徴】
・つけ心地:カナル型で落ちにくい
・バッテリー:最大再生4時間でランニングなどには十分

 ゲオってDVDレンタルやゲームのイメージがあったのですが、ワイヤレスイヤホンも幅広く扱っているんですね。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

 ここで紹介したイヤホンは全国1000店舗ですぐに購入できるので非常に便利。近くにお店がなくても、オンラインストアで税込2000円以上の注文で送料無料になります(今回紹介の税抜1980円は、1品だけの購入でも対象になります)。税抜き980円のものは、ほかの商品との組み合わせて購入し送料無料にするのが賢い買い方かもしれません。

ゲオ公式サイトはこちら
《Leo Tohyama》

特集

page top