『日本沈没』で女優デビュー!馬淵優佳にネット騒然「この美人誰?」 | RBB TODAY

『日本沈没』で女優デビュー!馬淵優佳にネット騒然「この美人誰?」

エンタメ その他
馬淵優佳 (c)TBS
  • 馬淵優佳 (c)TBS
【PICK UP】

 元飛び込み日本代表の馬淵優佳が、5日放送の日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)の第8話でドラマ初出演を果たし、話題を集めている。

 日本沈没がいよいよ現実味を帯びてきた。日本人移民の受け入れ先を探すため、天海(小栗)は里城副総理(石橋蓮司)とともに中国へ渡り、里城との縁も深い楊錦黎元国家主席に交渉する。

 そんな天海と里城の必死の説得を、楊元国家主席に中国語で伝える通訳秘書として登場したのが馬淵。ドラマ初出演ながら、中国出身の飛込競技指導者・馬淵崇英を父に持つ彼女は、自身のルーツと関係のある役を堂々と熱演。

 彼女のインスタグラムなどSNSでは、大人の色気漂う有能な秘書役を演じた馬淵に反響が寄せられ、「何をやっても超一流」「ナイス演技」「めっちゃ存在感ありましたよ」「かっこよかった」といった声が。ただ一方、「通訳の人綺麗」「この美人誰?」と、馬淵であることを知らないユーザーも、その美しさに見惚れていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top