瀬戸内寂聴さんの生き方に迫るドキュメンタリーがNHKで再放送 | RBB TODAY

瀬戸内寂聴さんの生き方に迫るドキュメンタリーがNHKで再放送

エンタメ その他
(C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
  • (C)NHK
【PICK UP】

 28日13時50分からは、「あの日 あのとき あの番組『瀬戸内寂聴さんをしのんで』」(NHK総合)が放送される。

 11月9日に99歳で亡くなった瀬戸内寂聴さんをしのんだ同番組。寂聴さんは1957年に文壇デビューし、1963年にはみずからの波乱万丈な恋愛経験をつづった私小説『夏の終り』で女流文学賞を受賞。90歳を超えてもなお長編小説やエッセーを書き続け、その著作は400冊を超える。

 20代で夫と幼い娘を残して出奔したことから始まった文筆活動は、自身の生き方と重なり合う数多くの作品を輩出。何事にも縛られない自由な生き方を体現し、率直な思いを発信し続けた。さらに、作家として新しい生き方を模索したいと51歳で出家したのちは、僧侶として各地で法話を続け、多くの人々の悩みや苦しみに耳を傾け、励ましてきた。番組では、寂聴さんの生き方に迫るドキュメンタリーを再放送。ゲストとともに寂聴さんをしのぶ。ゲストは、50年以上にわたる親交があった美輪明宏。
《KT》

関連ニュース

page top