堤真一主演ドラマ『妻、小学生になる。』新キャストに石田ゆり子、蒔田彩珠、毎田暖乃 | RBB TODAY

堤真一主演ドラマ『妻、小学生になる。』新キャストに石田ゆり子、蒔田彩珠、毎田暖乃

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • 蒔田彩珠(C)TBS
  • 毎田暖乃(C)TBS
  • 石田ゆり子(C)TBS
  • 堤真一(C)TBS
【PICK UP】

 2022年1月スタートのTBS系新ドラマ『妻、小学生になる。』(毎週金曜22時~)。このほど、主演・堤真一演じる主人公・新島圭介の家族を演じる3名のキャストが決定した。

 同ドラマの原作は、『週刊漫画TIMES』(芳文社)に連載中の村田椰融による同名漫画。累計発行部数(紙+電子)が130万部を超える話題作だ。10年前に愛する妻を亡くし生きる気力を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と再会するところから物語は始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって10歳の小学生になっていた。夫と娘はその姿に戸惑いながらも、彼女から尻を叩かれ叱咤激励されて、生きる喜びを徐々に取り戻していく。そして、周囲の人間も巻き込みながら「生きること」に再び向き合おうとするちょっと変わったホームドラマ。

 このほど新たに発表された追加キャストだが、10年前に他界した妻・新島貴恵役に石田ゆり子、圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣役に蒔田彩珠、生まれ変わった圭介の妻で10歳の白石万理華役に毎田暖乃が決定。蒔田は今年度前期のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で主人公の妹役を好演したことでも記憶に新しい。毎田は2020年度後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』で、主人公の幼少期と姪の二役を見事に演じ分け話題を呼んだ。今作で演じるのは、10年前に他界した貴恵の生まれ変わり。姿は小学生だが中身は大人という難しい役どころ。

 石田は「原作を読み、なんて素敵なファンタジーなのだろう! と参加できることをとても幸せに思いました」と喜び。堤との共演については「主演の堤真一さんとは、二回目の共演で、前回も夫婦でした。私がどんな芝居をしてもどーんと受け止めてくださる堤さん。またご一緒できることが楽しみでなりません。金曜の夜のひととき、上質なファンタジーをお届けできるように、精進します」とコメントした。

 蒔田彩珠は、「ファンタジーではあるのですが、現実で本当にありそうな、あったらいいなと思えるような素敵な脚本だなと思いました。麻衣はお母さんに再会するまでお父さんと二人で過ごしてきて、ずっと笑わないまま生きてきたので、お母さんと再会することで、一歩踏み出すというところは大事に演じたいなと思います。脚本を読んだときに、絶対に素敵なドラマになるだろうなと思ったので、みなさん楽しみにしていてください」と呼びかけ。

 毎田は「最初に原作の漫画を読んだのですが、すごく不思議なお話だなと思いました。台本を読んだ感想は、物語の想像がしやすくて、撮影するのがすごく楽しみになりました。私はまだ小学生なので、妻とか母という気持ちを想像するのがすごく難しいのですが、人からお話を聞いたり、教えてもらったりしながら、少しでも妻と母の気持ちを心に置いて演じたいなと思います」とし、「このお話に出会って家族の大切さをいつも以上に感じるようになりました。泣けて笑えて、すごく勇気をもらえるお話です。難しい役ですけど、一生懸命頑張ります。みなさんぜひ見てください」と伝えた。
《KT》

関連ニュース

page top