岡田結実、初の朝ドラ出演で力不足を痛感「台本を読む力のなさに…」 | RBB TODAY

岡田結実、初の朝ドラ出演で力不足を痛感「台本を読む力のなさに…」

エンタメ その他
岡田結実【撮影:浜瀬将樹】
  • 岡田結実【撮影:浜瀬将樹】
【PICK UP】

 岡田結実が、6日放送の『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)で、出演中のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』について語った。

※花田優一、合コン番組でモテまくり!参加女性4人中3人をトリコに!?

 この日、同ラジオに出た岡田。女優としても様々な作品で活躍しているが、ナイツ塙宣之から「最近、難しい役とかはあった?」と聞かれると、彼女にとって朝ドラ初出演となる『カムカムエヴリバディ』について話し出した。

 同作で、岡山の繊維企業「雉真繊維」を経営する雉真家に嫁いだ女性・雉真雪衣役として登場する岡田。役柄について彼女は「戦争を経験している方の役で、さらにちょっとお姉さんの役。自分より年上」と言及。

 その上で、「初めて台本を読む力のなさに後悔した」と回顧。「(自分の)性格とかけ離れすぎて、それになりきれる幸せはある」としながら、「台本の深いところまで読み取れなかった」と、力不足を痛感したと述べた。

 「朝ドラの台本は深くて、読み方が何通りもできてしまう」「自分の芯が強くないとブレてしまう」とも告げた岡田。初めての経験に「泣く手前で難しかった」と振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top