大島優子、大河ドラマ初出演!『青天を衝け』豪商・伊勢八の娘・伊藤兼子役 | RBB TODAY

大島優子、大河ドラマ初出演!『青天を衝け』豪商・伊勢八の娘・伊藤兼子役

エンタメ 映画・ドラマ
大島優子【写真:竹内みちまろ】
  • 大島優子【写真:竹内みちまろ】
【PICK UP】

 吉沢亮主演の大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合ほか)の追加キャストが発表された。

 このほど新たに出演が発表されたのは、泉澤祐希、笠松将、田村健太郎、内野謙太、池田朱那、大島優子、愛希れいか、駒井蓮、呉城久美、菅野莉央、忍成修吾、岡部たかし、長村航希の面々。

 泉澤が演じるのは、栄一の息子・渋沢篤二役。まだまだ母親が恋しい10歳の頃、母・千代が急逝。母代わりとなった姉・歌子が厳しく育てるが、多忙を極める父・栄一が実業家として偉大になるほどに、嫡男の立場が重圧となっていく。やがて放蕩を重ねるようになり.....。

 笠松が演じるのは、栄一の孫・渋沢敬三役。生物学者になることを夢見る敬三だが、栄一の嫡男である父・篤二が放蕩の末に廃嫡されることになり、跡継ぎとして白羽の矢が立てられる。田村が演じるのは、歌子の夫・穂積陳重役。池田が演じるのは栄一の娘・渋沢琴子役。内野は、琴子の夫・阪谷芳郎役を演じる。

 ほか、明治の女性たちとして大島優子らが登場。大河ドラマ初出演の大島は豪商・伊勢八の娘・伊藤兼子役。愛希は井上馨の妻・井上武子役。駒井は井上馨の養女・井上末子役。呉城は益田孝の妻・益田栄子役。菅野は大倉喜八郎の妻・大倉徳子役にそれぞれ決まった。さらに、実業界では岩崎弥太郎の弟・岩崎弥之助役として忍成。実業家・大倉喜八郎役として岡部。第一国立銀行の行員・佐々木勇之助役として長村の出演が決定。

 出演が決定した泉澤は、自身の演じる渋沢篤二について「風流才子、多趣味、そして人当たりの良い方だったと聞きます。楽しみながら渋沢篤二さんを生きれればと思っておりますので、よろしくお願い致します」とコメント。笠松は「長い期間、大切に作られてきた作品のラストを飾れることを、とてもありがたく思います。僕は渋沢栄一の孫、敬三を演じますが、渋沢栄一(吉沢亮)からもらったパワーを、この大河に込めようと思います」と意気込み。

 さらに、大河ドラマ初出演の大島は「初めての大河ドラマです。お話が来たときは、喜びと興奮で、歓声をあげました。しかし、その歓びも束の間、もうゴールが見えてきているではありませんか。この作品を彩ってきたスタッフの皆様、そして出演者の皆様、携わっているすべての方の費やしてきた時間と重みを一身に受け止めて、大切にバトンを握り締めようと心に決めました」と喜び。

 忍成は「三菱と言えば岩崎弥太郎の印象が強かったのですが今回弟の弥之助を演じるにあたって調べていくととても凄い人物で、あまり知らなかった自分が恥ずかしくなる程でした。『青天を衝け』では兄の弥太郎の勢いに置いて行かれない様に食らいつきながらも共に三菱を牽引し奮闘しております。渋沢と岩崎の合戦を楽しんで頂ければ幸いです」とコメントした。
《KT》

関連ニュース

page top