ももクロ、生配信ライブ「The LIVE ~諦めない夏~ in ABEMA」開催! | RBB TODAY

ももクロ、生配信ライブ「The LIVE ~諦めない夏~ in ABEMA」開催!

エンタメ 音楽
撮影:上飯坂一
  • 撮影:上飯坂一
  • 撮影:上飯坂一
  • 撮影:上飯坂一
  • 撮影:上飯坂一
  • 撮影:上飯坂一
  • 撮影:上飯坂一
  • 撮影:上飯坂一
  • 撮影:上飯坂一
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 ABEMAは、ABEMA PPV ONLINE LIVEにて19日、ももいろクローバーZによる「The LIVE ~諦めない夏~ in ABEMA」を、独占生配信した。


 「The LIVE ~諦めない夏~ in ABEMA」は、ももクロによる生配信ライブ。当初は19日・20日にももクロの夏の風物詩である「夏ライブ」が中止となってしまったことを受け、今回、配信限定で新たにライブが実施された。

 生配信ライブは、ももクロのこれまでの歴史を思い出すようなオープニング映像からスタート。序盤は「レディ・メイ」「愛を継ぐもの」「ロードショー」を披露。3曲を歌い終えたメンバーは、MCで自己紹介をしたあと、「ももいろクリスマス2019 ~冬空のミラーボール~」以来の共演となった、ダウンタウンももクロバンドとの共演を喜んだ。

 その後、「走れ!-ZZ ver.-」など3曲続けて披露し終わると、ステージが暗くなり、「カルミナ・ブラーナ」と過去のライブ映像が流れ、約4年ぶりとなる「Neo STARGATE」を披露。その後は、「ザ・ゴールデン・ヒストリー」や、「Re:Story」を含む3曲を披露。アンコールは、東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大選手の登場曲でもある「吼えろ」、そして「PLAY!」、最後に「モノクロデッサン-ZZ ver.-」の3曲を披露した。

 ライブ後には、ダウンタウンももクロバンドを交えた反省会を実施。そして、反省会の最後には、ももクロを代表して、リーダーの百田夏菜子が「ありがとうございました。この大変な時期に、ライブを出来るステージがあること、皆さんが観てくれていることがすごく嬉しいですし、みんなでライブを作れているのも幸せです」「日々様々なことが変化していきますが、またみんなで思い出を作っていけたらと思いますので、身体に気を付けて、元気で会える日を楽しみに待っていてください」とコメントし、ライブが幕を閉じた。

 最後には、ももクロから5つのお知らせも。今冬発売予定だった6枚目となるオリジナルフルアルバムの発売時期が、制作上の都合により2022年春へ延期となることが発表され、アルバムの発売に先駆けて、収録楽曲が年内から先行配信リリースされることも合わせて発表された。また、Nintendo Switchソフト「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ 」(KONAMI)とのコラボレーションが決定。コラボビジュアルも解禁された。さらに、10月27日に北海道、11月12日に兵庫で『週末ヒロインももいろクローバーZ LIVE 「origin」』公演開催、12月31日には「第5回 ももいろ歌合戦」を日本武道館にて開催、そして延期となっていた13周年記念コンサートの振替公演日程が2022年1月23日に幕張メッセにて開催されることも発表された。

 なお、同配信の完全版は、10月2日12時から11月1日23時59分まで何度でも有料視聴可能となっている。
《KT》

関連ニュース

特集

page top