麒麟・川島、『ラヴィット!』MCに悩み…番組が大喜利化 | RBB TODAY

麒麟・川島、『ラヴィット!』MCに悩み…番組が大喜利化

エンタメ その他
麒麟・川島明【撮影:浜瀬将樹】
  • 麒麟・川島明【撮影:浜瀬将樹】
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 麒麟・川島明が、28日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演。『ラヴィット!』(TBS系)での悩みを吐露した。


 3月末から同『ラヴィット!』の司会を務めている川島。最近は出題されるクイズを出演者が大喜利であるかのように自由に答えているのが特徴。だが彼はこれについて「すごい楽しい空気でやっているが、オレやから、こんなにボケてるのかなと思うんです」と告白。レギュラー陣がボケすぎではと心配した。

 さらに彼は、「他の番組では、見取り図やニューヨークも、結構ビシッと頑張っている」と述べ、「(彼らは)『ラヴィット!』来たらすごいリラックスして。『はい、はい!』みたいな感じで」と、フランクになっていると話した。

 これに陣内智則は「でもいいことじゃないの?」と告げ、「川島が全部(ボケを)拾ってくれるとか」と見解。また番組に度々出演しているオードリー春日俊彰も「川島さんじゃなかったら、あんまり(積極的に)いけない」と話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top