連日の東京猛暑で五輪選手に心配の声!「不満続出」もトレンドに | RBB TODAY

連日の東京猛暑で五輪選手に心配の声!「不満続出」もトレンドに

エンタメ スポーツ
(Photo by Justin Setterfield/Getty Images)
  • (Photo by Justin Setterfield/Getty Images)
  • (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)
  • (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 熱戦を繰り広げる東京五輪だが、連日の猛暑に選手を心配する声も出ている。


 東京は梅雨明け以降、連日真夏日となっており、25日は最高気温35度予報も。湿度も高くなってきており、気温以上の暑さを感じること少なくない。東京五輪では屋外競技も多く、特にテニスやサッカー、野球、ソフトボールなどは試合時間も長くなりがちで、選手らの体調が懸念される。この猛烈な暑さには選手からも不満が聞かれるとのことで、ツイッターでは「不満続出」がトレンドとなった。また、ネット上では「気温も湿度も高い環境でガチでテニスをやれというのは無茶苦茶な話」「日本人でも、暑いから外での運動は控えましょうって感じなのにこの炎天下でスポーツ大会なんて、、、」など、選手を心配する声が多数寄せられている。

 23日に登場したアーチェリーのスベトラーナ・ゴムボエワ選手は、暑さを理由に一時気を失う事態にも陥るなど、各競技において酷暑は猛威を奮っている。ちなみに、テニスでは一部大会にヒート・ポリシーという暑さ対策のルールがある。コート上において一定の温度を超えると試合が中断となるものだ。コロナ対策以外に、こうした暑さ対策も早急に検討する必要がありそうだ。
《KT》

関連ニュース

特集

page top