仙台の強風の危険をどう伝える?…『おかえりモネ』49話 | RBB TODAY

仙台の強風の危険をどう伝える?…『おかえりモネ』49話

エンタメ 映画・ドラマ
『おかえり百音』49話(c)NHK
  • 『おかえり百音』49話(c)NHK
  • 『おかえり百音』49話(c)NHK
  • 『おかえり百音』49話(c)NHK
  • 『おかえり百音』49話(c)NHK
 朝の気象コーナーにかり出された百音(清原果耶)。放送前のブリーフィングで、地元仙台への強風が懸念されるという意見が出る。百音は「地元の感覚かもしれないですけど、宮城は日常的に風が強いです」「泉ヶ岳から吹き降ろす風を泉おろしなんて呼んだりもして、割りと被害もでたりもしてます。なので、もしも事前にわかるのなら伝えたいと思います」と発言する。

 しかし、仙台の強風の情報を伝えたい朝岡(西島秀俊)と、黄砂の情報を伝えるべきだという高村(高岡早紀)の意見が対立する。

 百音(清原果耶)は、莉子(今田美桜)のサポートをしたりする中で、報道気象の奥深さに気付いていく。22日の放送(49話)ではどうにかして仙台の強風の危険を莉子の中継コーナーで伝えられないか考えた百音たちは、ある方法を考えつく。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top