伊藤美誠、五輪へ強い決意!「死ぬ気でやってきた」初の金メダルにも意欲 | RBB TODAY

伊藤美誠、五輪へ強い決意!「死ぬ気でやってきた」初の金メダルにも意欲

エンタメ その他
伊藤美誠 (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)
  • 伊藤美誠 (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)
  • 伊藤美誠(Photo by Lintao Zhang/Getty Images)
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 伊藤美誠が、17日放送の『NHKスペシャル』に出演。東京五輪への想いを明かした。


 東京五輪が1年延期になり、ほかの大会も軒並み中止となった際は、エネルギーを放出する場がなくなったという伊藤。彼女の母は娘の異変を間近で感じていたそうで、伊藤は練習の際に卓球台に手がぶつかって血が出ても、痛みを感じないのか、真顔でラケットを振っていたという。

 そんな彼女は、昨年11月に開催された「女子ワールドカップ2020」に出場し、3位となった。8ヵ月ぶりの国際大会に対して伊藤は「すごい楽しかった」「勝ち負けがあるから自分は楽しいんだ、卓球をやってるんだと思った」と話した。

 五輪開催に対して世間から様々な声があがっているが、彼女は「ここを選手が妥協したら、なんのためにやってきたの?というふうに、私自身はなります」、さらに「私は、ほんとにオリンピックまで死ぬ気でやってきた」と主張。

 さらに「我慢していたものをすべて出し切りたい」と意欲。「自然と楽しむのがついてきて、自然と勝利がついてきて、そして最後に、自然とまた笑顔がついてくる感覚でやりたいと思う」と述べ、「爆発できる自分を楽しみにしながら頑張っていきたい」と、日本卓球界初の金メダルに向けて強い決意を語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top