波瑠、イジメに遭った過去…芸能界入りは「学校に行かない理由が欲しかった」 | RBB TODAY

波瑠、イジメに遭った過去…芸能界入りは「学校に行かない理由が欲しかった」

エンタメ その他
波瑠【写真:竹内みちまろ】
  • 波瑠【写真:竹内みちまろ】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 波瑠が、9日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演。知られざる少女時代を振り返った。


 「小学校4年生か3年生で初めてイジめられた」と言う波瑠。その頃は周りに比べて背が高かったことから、同級生に「スタイルが良いね」と褒められていたそう。だが、当時の彼女は「ありがとう」とも「そんなことないよ」など返す言葉が言えず、結果的に「ナルシスト!ナルシスト!」と執拗に責められたのだとか。

 そんな波瑠が事務所に入ったのは中学1年生、13歳のとき。「学校がイヤすぎた」と打ち明け、「学校に行かない理由がなんでもいいから欲しくてオーディションを受けた」と、芸能界入りの意外な背景を告白。

 さらには「学校に行かなくて良い理由ができるなら、なんでもよかった」と重ねて強調しつつ、13歳では実社会では働けないが、年齢があまり関係のないこの世界を志望したと説明。この日のロケに一緒にいた沢村一樹は「仕事をやって学校に行かないという方法…。すごいな」と驚いていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top