日向坂46・加藤史帆、『CanCam』初単独表紙に「たくさん涙が出てきました」 | RBB TODAY

日向坂46・加藤史帆、『CanCam』初単独表紙に「たくさん涙が出てきました」

エンタメ その他
『CanCam』(小学館)7月号
  • 『CanCam』(小学館)7月号
  • 『CanCam』(小学館)7月号
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 日向坂46・加藤史帆が21日発売のファッション誌『CanCam』(小学館)7月号にて初の単独表紙を務めている。


 日向坂46の新曲「君しか勝たん」で自身初の表題曲でのセンターを務めることが決まった加藤。単独表紙となった7月号では、夏を感じる赤いチェックのビスチェを着て、等身大の大きなクマのぬいぐるみと撮影。特集「私らしく、恋したい」のテーマにちなんで、編集部が「クマを好きな人だと思ってギュッとしてみて!」とオーダーすると、「え~誰のことを考えよう・・・、(秋元)真夏さんかな」とつぶやきながら、和やかな雰囲気で撮影がスタートした。

 単独表紙が決まった感想について加藤は、「3月のライブの終わりに、スタッフさんから『話がある』と呼ばれて。『表紙が決まりました!』って予想外の言葉が! 『え!本当に!』って何回も疑っちゃいました。でも、めっちゃうれしくて、たくさん涙が出てきました」とコメント。専属起用から約2年半、初表紙を記念した特集ページでは、もともとカメラの前で笑うことも出来なかったような私が、“自分らしいモデル“を見つけるまでの葛藤と成長の日々も語っている。
《KT》

関連ニュース

特集

page top