竹野内豊、共演の石田ゆり子登場時の“現場の反応”を告白「男性スタッフの方々が…」 | RBB TODAY

竹野内豊、共演の石田ゆり子登場時の“現場の反応”を告白「男性スタッフの方々が…」

エンタメ その他
⽵野内豊と石田ゆり子【撮影:浜瀬将樹】
  • ⽵野内豊と石田ゆり子【撮影:浜瀬将樹】
  • ⽵野内豊【撮影:浜瀬将樹】
  • ⽯⽥ゆり⼦【撮影:浜瀬将樹】
  • 三浦貴⼤【撮影:浜瀬将樹】
  • ⽚⼭慎三【撮影:浜瀬将樹】
  • フォトセッション【撮影:浜瀬将樹】
  • トークセッション【撮影:浜瀬将樹】
  • トークセッション【撮影:浜瀬将樹】
 竹野内豊が13日に開催されたWOWOWドラマ『連続ドラマW 東野圭吾「さまよう刃」完成報告会』に出席。共演した石田ゆり子に対する“スタッフの反応”ついて述べる一幕があった。

フォトセッション【撮影:浜瀬将樹】

 発行部数170万部を突破した東野圭吾の同名小説を実写化した本作。男手ひとつで育ててきた高校生の娘を残忍な手口で殺された長峰重樹(竹野内豊)が、犯人の少年へ復讐に向かう物語である。イベントには⽵野内や⽯⽥のほか、三浦貴⼤、⽚⼭慎三監督が出席した。

⽯⽥ゆり⼦【撮影:浜瀬将樹】
三浦貴⼤【撮影:浜瀬将樹】

 竹野内は長峰を演じることについて「普段はオンオフの切り替えをしっかりやる方で、役を引きずったりはしないんですけど、今回の作品では、かなり重たいシーンを撮ったあと、2日間くらいヘビーな気持ちが抜けなくて……。私生活でも苦しいときが正直ありました」という。

 一方、復讐に燃える長峰に手を差し伸べてしまう女性・木島和佳子を演じる⽯⽥は「“自分がもし長峰さんだったらどうするんだろう”ってずっと撮影中考えていました。これは、この作品を観る方全員がそういう想いで観るんじゃないかって思います。私はどうしても長峰さんに共感してしまいます」とコメント。苦しい胸の内を明かした。

 そんな2人は15年ぶりの共演だという。竹野内は「こういった内容の作品だったので、すごく重たい緊迫した撮影現場の日もあったんですけど、でも、ゆり子さんが現場にいらっしゃると、男性スタッフの方々や現場が和むといいますか、すごく明るくしてくださるんで、私自身も現場の空気を共有できて、すごく心救われるものがありました」と述べた。

⽵野内豊と石田ゆり子【撮影:浜瀬将樹】

 同作は2009年に寺尾聰主演で映画化されている。三浦演じる警視庁捜査一課の織部孝史役は、映画では竹野内が演じた役だ。三浦にもプレッシャーがあったようで「公開当時、映画版を拝見させていただいたのですが、この話をいただいたときは見返せなかったですね。見返してしまったら、芝居も引っ張られるし、緊張もして、うまく現場にいられないんじゃないかと思ってダメでした」と苦笑い。



 そんな彼の演技について「出来上がった作品を拝見して、決して顔には出さないんですけど、心の中の揺れ動きを三浦さんが見事に体現されていたので、本当に素晴らしいと思いました」と竹野内。彼のコメントに三浦は深々と頭を下げていた。

 『連続ドラマW 東野圭吾「さまよう刃」』は、15日より毎週土曜よる10時からWOWOWで放送・配信される予定(第1話無料)だ。
《浜瀬将樹》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top