ザブングル松尾、『アメトーーク!』で最後のテレビ出演!芸能界引退の経緯を明かす | RBB TODAY

ザブングル松尾、『アメトーーク!』で最後のテレビ出演!芸能界引退の経緯を明かす

エンタメ その他
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 ザブングル松尾陽介が、4月1日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、最後のテレビ出演を果たした。


 3月末をもって芸能界を引退した松尾。この日は同番組の人気企画で、彼の名を一躍有名にした「運動神経悪い芸人」の共演メンバーが集結。過去の名場面を一緒に見ながらトークした。

 冒頭、引退の経緯について聞かれた松尾は「世の中の状況もいろいろ変わってる中で…」と切り出し、「年齢も大きい」と回答。今年45歳を迎えるという彼は「今後の人生を考えた時に辞めるという選択肢もあるんじゃないか」と言及した。

 また「(引退は)1年ぐらい前から決めていた」と明かし、昨年末の『アメトーーク!』特番の時には、「最後だと思って出ていた」と告白。今後の仕事としては芸能界で培った人脈を生かした形で、「タレントさんのブッキングもお願いされている」と語った。

 最後の挨拶では「お笑いはコンプレックスが全て武器になる」と述べ、この企画に参加できたことや『アメトーーク!』に感謝。そして、「改めまして芸人ザブングル松尾は今日で引退します。本当に皆さんありがとうございました」と頭を下げた。

 だが雨上がり決死隊・蛍原徹から、芸人を辞めてもこの企画だけは出られると提案される一幕も。困惑した松尾が「この企画、卒業できないんですか?」と聞くと、ナイツ塙宣之は「芸能界引退ぐらいで(運動神経悪い芸人を)辞められると思わないでください」と愛ある暴論。SNS上では「ガチ王お疲れさまでした」といった、ねぎらいの言葉とともに「素人代表で出てください」という意見も寄せられている。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top