武田鉄矢、東京五輪が目指すべきは「一番お金をかけないこと」 | RBB TODAY

武田鉄矢、東京五輪が目指すべきは「一番お金をかけないこと」

エンタメ その他
武田鉄矢【錦怜那】
  • 武田鉄矢【錦怜那】
 タレントの武田鉄矢が28日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演し、7月から開催予定の東京五輪・パラリンピックのあり方について語った。

 番組では、聖火リレースタートの話題と合わせ、著名人のリレー辞退者が続出していることや、トーチの火が消えるトラブルが相次いでいることも取り上げられた。

 武田は「(聖火リレーの)芸能人降板のニュースを聞くと、気がめいる。コロナというのもあるけど、皆さん正しいことをおっしゃるが、元気の出ることは一言もおっしゃらない。特に五輪報道に関してはそうで、つぶし合いみたいになっている」と、五輪報道のネガティブさに苦言。

 一方、聖火について「あの火は誰かを励ますことができる。それをイベントとして盛り上げることはない」と述べ、聖火リレーを行うよりも、聖火をバイキング方式にして誰でも持って帰っていいことにしたり、開閉開式も派手な演出はせず、東京音頭をみんなで踊っておしまいにすればいいと提案した。

 さらに、今回の東京五輪・パラリンピックのあり方について「国威を見せつけるよりも、今度のオリンピックに託された思いは、一番ついてないオリンピックをやり抜くということでは」と指摘。今大会の意義として掲げられた「復興五輪」や「コロナに打ち勝った証」をすべて取りやめるべきだとし、「目指すのは一つ。一番お金がかからなかったということ。そこを目指してうまくできると、東京オリンピックから変わったといわれるスタートになると、これは値打ちあるよ」と語った。
《角谷》

関連ニュース

page top