菅野美穂、『メレンゲの気持ち』MCを振り返る「まぁポンコツだった」 | RBB TODAY

菅野美穂、『メレンゲの気持ち』MCを振り返る「まぁポンコツだった」

エンタメ その他
菅野美穂 (Photo by Koki Nagahama/Getty Images for Paramount Pictures)
  • 菅野美穂 (Photo by Koki Nagahama/Getty Images for Paramount Pictures)
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 菅野美穂が、27日に最終回を迎えた『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)にVTR出演。同番組の思い出を振り返った。


 この日で25年の歴史に幕を閉じる『メレンゲ』。その初代MCの1人として1996年から2年間活躍してきたのが菅野だった。だが彼女はあろうことか、初回の収録に遅刻してしまったのだという。

 理由はその時演じていたドラマ撮影が押してしまったからとのことだが、これについて菅野は「初回からすごいことを、しでかしてしまった」と懺悔。彼女がスタジオに現れたのは、収録開始から30分後のことだった。

 また取材スタッフから「MCとして大変だったことは」と聞かれると、「大変というよりは私が迷惑をかけてたから」と苦笑い。「進行もやらせてもらったが、まぁポンコツで、使いものにならなかった」と回顧。さらにゲストでやってきたタレントに「『誰々さんに似てらっしゃいますね』と、芸能人の方に、芸能人に似ているという、どっちの方にも失礼をしてしまった」と打ち明けていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top