松本人志、タレント侮辱騒動に「未完成の料理をつまみ食いして『まずい』と言うようなもの」 | RBB TODAY

松本人志、タレント侮辱騒動に「未完成の料理をつまみ食いして『まずい』と言うようなもの」

エンタメ その他
松本人志  (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)
  • 松本人志  (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)
 ダウンタウンの松本人志が21日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演し、五輪演出責任者の女性タレントに対する侮辱発言について言及した。

 3月18日発売の週刊文春は、東京五輪・パラリンピック開会式演出責任者だった佐々木宏氏が昨年3月、タレントの渡辺直美を開会式に豚の衣装で登場させる案を演出担当者のグループLINEで提案していたと報じた。佐々木氏は事実関係を認め、引責辞任した。

 この問題で松本は、佐々木氏の発言が演出担当者内部の話し合いの中で出た一案にすぎない点を挙げ、発言への批判を「調理場まで入ってきて、まだできてない料理をつまみ食いして『まずいぞ』と言うようなもの。この人のアイデアは面白くなかったし、あんまり良くはないんですけどね」と指摘した。

 また、週刊文春が渡辺の実名を出した点について「あるタレントのA子さんでよくはないか。なぜ名前を出してまで言うのか。嫌な思いをするのは彼女だ」と批判。

 一方で、「おれバラエティー会議の音源とってるけど、あんなんいっぱいあるで。『もう2人ぐらいハゲ欲しいな』とか言ってるし」と述べ、テレビの企画会議では表に出せない差別発言も頻繁にあることを明かした。」

 かまいたちの山内健司も「企画会議とかで、たたきでたたきのLINEグループでいろんな案を投げることはある。一番大本のたたき台で若干ずれた案を言っただけでもめたら、盛り上がらない。佐々木さんがこれを最終案として発表したのなら(批判されるのは)分かるが、撤回したものを1年後にたたくのはどうか」と疑問視した。

 国際政治学者の三浦瑠麗は「オリンピックの国際的な場でその演出を考えるずれっぷり、国際的な文脈が分かっていない度合いにはあきれた」とした上、「プラスサイズの女性が最近どういう感じで欧米圏で扱われているか知らないのでは。決して、自分で落として卑屈な感じで笑いをとる日本の文化とは全く違う」と指摘。その一方で「次に気になったのは内部文書の漏えい。守秘義務違反をしてよっぽど許される事例は、法律違反をして消費者をだましたりしてそれを隠ぺいしている場合などだが、今回の内紛はそれには当たらないのでは」と述べた。

 フジテレビの佐々木恭子アナウンサーは「チャットを見ても、佐々木さんの発言に対して(開閉会式実質責任者の)MIKIKOさんがすぐに『それはないですよ』と言える空気があったのは、ひとつだけプラスな面かと思う」と述べた。
《角谷》

関連ニュース

page top