磯村勇斗、ドラマと映画で4本同時撮影の日々...人気者ゆえの葛藤を『情熱大陸』で明かす | RBB TODAY

磯村勇斗、ドラマと映画で4本同時撮影の日々...人気者ゆえの葛藤を『情熱大陸』で明かす

エンタメ その他
(C)MBS
  • (C)MBS
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 21日23時15分からは、『情熱大陸』(TBS系)が放送される。


 今回、番組が密着するのは次世代を期待される俳優として存在感を放つ28歳の磯村勇斗。俳優を志したのは中学生の時。上京は親の猛反対を受けて断念し、高校2年で地元劇団の門を叩いた。2015年に戦隊ヒーロードラマで念願のレギュラー出演をつかんでから6年、磯村には次々と作品のオファーが舞い込んでいた。

 取材を初めて間もない今年1月には、ドラマと映画で4本の作品を並行して撮影。連日違う役として現場に立ち続ける日々で、磯村の中に感じたことのない葛藤が芽生え始めていた。作品が重なり全ての役に100%で向き合えない苛立ち、噛みしめる間も無く自分の中を次々と作品が通り過ぎていく不安......「このままでは俳優として腐ってしまう」「自分は俳優に向いていない」そんな、剥き出しの感情をカメラに語る。
《KT》

関連ニュース

page top