中国・武漢の病院で何が?新型コロナ隠蔽の真相を関係者が初告白 | RBB TODAY

中国・武漢の病院で何が?新型コロナ隠蔽の真相を関係者が初告白

エンタメ その他
アイ・フン医師(C)フジテレビ
  • アイ・フン医師(C)フジテレビ
  • アイ・フン医師(C)フジテレビ
  • アイ・フン医師とその手記(C)フジテレビ
  • 再現ドラマ(鉄柱倒壊事故)(C)フジテレビ
  • 再現ドラマ(鉄柱倒壊事故)(C)フジテレビ
  • 鉄柱が倒壊した現場(C)フジテレビ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 フジテレビは、20日21時から『報道スクープSP 激動!世紀の大事件8』を放送する。


 番組では、新型コロナウイルスに関するスクープ取材の模様などを放送。新型コロナウイルスが世界で最初に確認されたとされる中国・武漢市の病院で、この未知のウイルスの存在にいち早く気付き、誰よりも早く警鐘を鳴らした女性医師がいた。「武漢市中心病院」の救急病棟で主任を務めるアイ・フン医師だ。アイ医師は、2019年12月に院内の患者から「SARSの一種」(後に新型コロナウイルスと判明)が確認されると、その危険性を同僚医師らに伝えた。アイ医師からのメッセージを受け取った医師の中には、この情報をSNSで世界に発信、後に自らも感染し、命を落とした眼科医の 李文亮医師もいた。しかし、アイ医師によるこの警鐘を、病院幹部は隠蔽していたのだ。

 病院内で一体何が起きていたのか?アイ医師は2020年3月、中国の雑誌に手記を発表したが、中国政府はこの雑誌を回収、さらにネットに掲載された手記に関する記事も瞬く間に削除されてしまった。しかし、その内容を世界に伝えようとした中国の人々が、様々な言語やモールス信号、点字などに変換して発信。番組はこの手記を入手、アイ医師の“消された手記”には何が書かれていたのか?

 さらに、アイ医師と同じ病院でコロナ患者と向き合ってきた看護師が初めて取材に応じ、新型コロナの感染が確認されるまでの経緯や幹部による隠蔽はどのように行われたのかを生々しく証言する。ほか、2019年9月に関東を襲った台風15号「令和元年房総半島台風」や、1996年に発生したO157集団感染についても取り上げる。
《KT》

関連ニュース

page top