キムタク長女・Cocomi、声優デビュー!さんまプロデュース映画『漁港の肉子ちゃん』 | RBB TODAY

キムタク長女・Cocomi、声優デビュー!さんまプロデュース映画『漁港の肉子ちゃん』

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会
  • (C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会
  • (C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会
  • (C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会
  • (C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会
  • (C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 明石家さんまがプロデュースする劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』が6月11日より公開される。このほど、同作の主人公・肉子ちゃんの娘・キクコのボイスキャストが解禁され、木村拓哉と工藤静香の長女・Cocomiが声優に初挑戦していることが発表された。


 同作は、漁港の船に住む共通点なしの母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密がつなぐ最高の奇跡を描いた感動のハートフルコメディ。原作は、第152回直木賞を受賞した西加奈子の累計発行部数35万部超のベストセラー小説「漁港の肉子ちゃん」。『ドラえもんのび太の恐竜2006』(06)、『海獣の子供』(19)の渡辺歩が監督を務め、『かぐや姫の物語』(13)で作画監督を務めたスタジオジブリ一期生の小西賢一がキャラクターデザイン・総作画監督を担当。脚本は『凪のお暇』などの大島里美が務めている。

 先日、主人公・肉子ちゃんの声を大竹しのぶが担当することが発表され「特報」が解禁された際、音声のみが公開されていた肉子ちゃんの娘・キクコの声をCocomiが務めていたことが明らかに。Cocomiは、根っからのアニメファンで、中学生の頃には声優の養成所に通っていたほど。今回、情に厚く惚れっぽいからすぐ男にだまされる、そんな母のことが最近ちょっと恥ずかしいと感じている思春期まっ盛りの多感な少女・キクコを、透明感のある声で表現している。

 また、3歳からヴァイオリン、11歳からフルートをはじめ、2019年には日本奏楽コンクールで最高位を受賞したCocomi。現在もNHK交響楽団・神田寛明氏に師事し、フルート奏者であるCocomiは、同作の劇伴にフルートでも参加することも決まっている。

 今回の決定にさんまは、「Cocomiちゃんが、大のアニメファンで、声優の養成所にも通っていたというのを聞いていて、それなら一度、(共同プロデューサーたちと)声を聞かせてもらおう、ということになって。テストのアフレコ収録で、キクコの声を演ってもらったら、すごくよかった。キクコは、肉子ちゃんの前だけで大阪弁、ほかの人の前では標準語にちかい土地のなまりが入った言葉を使い分ける難しい役柄。本人もすごく練習してくれている。期待しています」とコメント。

 一方、Cocomiは、「さんまさんからお声がけいただいて、とても光栄に思います。まさか、中学生の時に、声優のスクールに行っていたというお話を覚えていて下さると思ってなかったので嬉しかったです」と喜び。「原作を読ませて頂いた時に、少し面倒事になりそうな雰囲気になると流れに任せたりするキクコちゃんと、私自身の考え方が、とても似ていると感じるところがありました」と語った。

 また、すでに出演が発表されていた人気声優・花江夏樹が、キクコの同級生で、今作の重要なキャラクターとなる少年・二宮役を演じることも明らかになっている。

《KT》

関連ニュース

特集

page top