藤原竜也、今夜放送『青のSP』最終回は「すごいアクションシーンもあります」 | RBB TODAY

藤原竜也、今夜放送『青のSP』最終回は「すごいアクションシーンもあります」

エンタメ 映画・ドラマ
(C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 16日21時からは、『青の“スクールポリス”SPー学校内警察・嶋田隆平ー』(カンテレ・フジテレビ系)最終話が放送される。


 9日放送の第9話では、“毒親”をテーマに生徒たちのさまざまな家庭環境が垣間見えた。親とは違う進路希望をして親と衝突する生徒を担任し、悩む浅村涼子(真木よう子)に対し嶋田隆平(藤原竜也)は「子どもたちが苦しんでるなら味方でいてやれ。誰のものでもない人生を歩ませてやれ……香里ならきっとそう言う」と話した。

 今夜はついに最終話を迎えるが、その見どころについて藤原は「香澄(鈴木梨央)と美月(米倉れいあ)の2人の女子生徒と教師たちを巻き込んだ大きな事件の全貌が明らかになります。そして、復讐に駆られ手段を選ばない岡部(遠藤雄弥)が暴走! スクールポリス・嶋田と岡部の死闘が繰り広げられます。最後にすごいアクションシーンもありますのでぜひ、ご期待ください!」と呼びかけた。

 ついに香里が亡くなった原因となる女子生徒の暴行未遂事件の隠された謎が明かされる最終話。暴行事件の被害者・涌井美月、そして事件現場から立ち去った尾崎香澄。元校長・木島(高橋克実)を襲った岡部が話した“約束”とは何だったのか?そして、破天荒ながらも芯を突いた嶋田の言動が話題となっていた今作。嶋田が残す最後の言葉とは?
《KT》

関連ニュース

page top