『ドラゴン桜』“東大専科”生徒役に加藤清史郎!優秀な弟と比較されて劣等感抱く役柄 | RBB TODAY

『ドラゴン桜』“東大専科”生徒役に加藤清史郎!優秀な弟と比較されて劣等感抱く役柄

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 4月スタートの日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)に加藤清史郎が出演することが発表された。


 同作は、2018年から漫画誌『モーニング』(講談社)で連載中の『ドラゴン桜2』が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』の15年後を描く続編だが、今作では原作にないエッセンスを取り入れたドラマオリジナルの展開が予定されている。主演は前作から引き続き、桜木建二役を阿部寛が演じ、長澤まさみ、及川光博、早霧せいな、江口のりこ、佐野勇斗の出演が発表されている。

 すでに、“東大専科”の生徒役として南沙良、細田佳央太、志田彩良、鈴鹿央士の出演が発表されたが、加藤はこれに続く5人目。優秀な弟と常に比較され続けてきたため、劣等感がしみついている天野晃一郎役となる。家族を見返したい気持ちはあるが勇気が出ない天野の背中を、桜木がどのように押すのか?

 加藤は同ドラマ出演決定について「オーディションに合格したと聞いた時は、信じられなくて、しばらく固まってしまいました。天野晃一郎が桜木先生と必死に対峙していく姿はもちろんですが、僕は彼の弱い部分に共感を覚える学生の方も多いのではないかと思います。他にもさまざまな事情を抱えたキャラクターが登場するので、その中の一人として、精一杯、役を生きていきたいです」と意気込んだ。
《KT》

関連ニュース

page top