佐野勇斗、『ドラゴン桜』出演決定に「役者を目指すきっかけとなった作品のひとつ」 | RBB TODAY

佐野勇斗、『ドラゴン桜』出演決定に「役者を目指すきっかけとなった作品のひとつ」

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 日曜劇場『ドラゴン桜』(4月スタート、TBS系)に、佐野勇斗の出演が発表された。


 同作は、週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から連載中の三田紀房による『ドラゴン桜2』が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』から15年後が描かれる続編だが、ドラマオリジナルの展開も予定されているという。追加キャストとして発表された佐野は、阿部演じる桜木建二の元教え子で、現在は弁護士という設定の水野直美(長澤まさみ)と深く関わる存在。佐野が同局ドラマに出演するのは約4年ぶりで、日曜劇場への出演は初。

 佐野は「前作の『ドラゴン桜』は、僕がまだ小学生の頃にテレビで観ていて大好きだった作品で、『ああ、ドラマに出てみたいなあ』と、役者を目指すきっかけとなった作品のひとつです。当時本当に熱狂的にハマっていて、作品の中の勉強法も実践しておりました。歩きながらの勉強などです(笑)」とコメント。

 「続編を作ると聞いた時は、一ファンとしてとてもうれしく楽しみにしていたのですが、まさかその作品に自分が参加させていただけるとは・・・夢にも思っていませんでした。この世界で生きさせてもらえることをとてもうれしく思います」と喜びの心境を伝えているほか、自身演じる役柄については「僕は、桜木先生の今の生徒、ではなく過去の生徒として登場します。「こいつはなんだ!?」と疑問に思うシーンも多々あると思いますが、彼のストーリー展開にもぜひご注目いただければと思います」と伝えている。
《KT》

関連ニュース

page top