近江友里恵アナが『あさイチ』最後の出演!今後の活動について言及 | RBB TODAY

近江友里恵アナが『あさイチ』最後の出演!今後の活動について言及

エンタメ その他
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 3月末での退局を発表しているNHKの近江友里恵アナウンサーが、5日放送の『あさイチ』(NHK)に最後の出演を果たし、今後の活動について言及した。


 有給休暇消化のため、きょうが最後の出演となった近江アナ。番組冒頭、「スタッフのみんなが私のことを、 朝から泣かせにかかってる感じがする」と語り、さらに「『おちょやん』まで泣かせにかかってる」と、直前までオンエアされていた連続テレビ小説の内容に触れた。この日は一平(成田凌)が、亡き父・初代天海天海の襲名を果たすとともに、千代(杉咲花)との結婚を発表する回だった。

 この日はムロツヨシがゲスト。「最後に近江アナを大笑いさせて」という視聴者からのリクエストが寄せられた彼は、「近江さんに幸あれ」と言うと、「さっさささっささ、サスペンダー!」と、『LIFE!~人生に捧げるコント~』で披露したコント「サスペンダー王子」を熱演。これには近江アナも飛び上がって喜び、「ありがとうございました。うれしいです!」と感謝した。

 最後に挨拶をした彼女は、3年間『あさイチ』を担当したことを振り返りつつ、4月からの自身の活動について「町づくりの仕事に関わることになった」と報告。『ブラタモリ』で全国各地を歩いた経験や、災害報道の現場で学んだ防災や減災、そして『あさイチ』で学んだ生活の知恵を生かしながら「皆さんに恩返しをしたい」と決意を話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top