比嘉愛未、堀田真由、原菜乃華、三谷作品へ初出演!SPドラマ『死との約束』 | RBB TODAY

比嘉愛未、堀田真由、原菜乃華、三谷作品へ初出演!SPドラマ『死との約束』

エンタメ 映画・ドラマ
左から)堀田真由、比嘉愛未、原菜乃華- (C)フジテレビ
  • 左から)堀田真由、比嘉愛未、原菜乃華- (C)フジテレビ
  • 左から)比嘉愛未、野村萬斎(C)フジテレビ
  • 左から)堀田真由、原菜乃華(C)フジテレビ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 アガサ・クリスティの小説を野村萬斎主演、三谷幸喜脚本で映像化するシリーズ第3弾『死との約束』(フジテレビ)が、3月6日にスペシャルドラマとして放送される。このほど、三谷作品初参加となる比嘉愛未、堀田真由、原菜乃華のコメントが公開となった。


 『死との約束』の映像化は日本では初。脚本の三谷は物語の舞台を“巡礼の道”として世界遺産にも登録されている熊野古道に移し、そして時代設定を昭和30年にアレンジ。名探偵・勝呂武尊(野村萬斎)が、休暇で訪れた熊野古道で本堂家の人々と出会い、本堂夫人が遺体で発見される事件を解決する姿を描いた作品。比嘉は勝呂の捜査に協力する医師・沙羅絹子を、そして堀田は物語の中心となる本堂家の長女・鏡子を、原が次女の絢奈を演じる。

 同ドラマシリーズのファンだったという比嘉は「三谷さんの作品で、萬斎さんと共演できるのはなかなかないチャンスだと思いました。私が今までやってきた作品とはまた違う作品との出会いだと思って、“これは絶対やりたい!”と、すぐにお返事させていただきました。三谷さんの舞台も好きで見させていただいていましたので、純粋にうれしかったですね」とオファーがあったときの心境を告白。さらに「固くシリアスになりがちなサスペンスものも三谷さんが書かれるとどこかユーモアがあって、本当に“言葉の魔術師” だと思いました」と三谷の台本を読んだ時の感想を明かした。

 自身が演じた沙羅については「本堂家の人々に対しても関心を持ち、勝呂の事件捜査にも自分から積極的に協力する人なので、人なつっこさもあり、でも本当はどういう人なのかつかめない。いい人そうに見えて実は……というようにいろいろな表情をだせたらと思いました」と語り、「何よりも沙羅の持つ“正義感”を一番大事に演じました」と明かした。

 堀田は自身が演じる鏡子について「家族の中でも一番家族思いで、いろいろな人の表情や動作を見た上で、自分の気持ちを押し殺してセリフを言ったり、(みんなに)声をかけたりしている」と語り、「できるだけ同じように、皆さんの表情を見たり、どういう風にセリフを言われるんだろうというのを見ながら、自分のセリフを言うように気をつけました。夫人が言ったことに対してもいつも笑顔で返しているんですけれど、ずっとニコニコしている人って実は逆に怖いなと思っていて。沙羅先生とのシーンでも“早く死んでくれないかって思っているんです”とか怖いことを言っているので、逆にそれを笑顔で言ったらどうなんだろう?とか、そういう笑顔の多様性というか、表情で使い分けていけたら面白いかなあと考えました」と演じる上で意識したことを明かした。

 さらに、堀田ははじめに台本を読んだときは犯人が最後まで全く分からなかったと言い、「まんまと最後までだまされました。勝呂さんの推理を最後まで読んで“あ、そういうことだったんだ”と思ってもう一度台本を読み直してみたら、セリフやそれぞれの行動に伏線がしっかりあったので、素晴らしい台本だなと思いました。シリーズもので3作目なので前作までのファンで楽しみにしてくださっている方もいらっしゃるでしょうし、個性的なキャラクターが集まっているので『死との約束』の原作ファンの方にもまた違った楽しみ方ができるのではないかと思います」とアピールした。

 オーディションで役が決まったという原は「絢奈はあまり感情を表にださないので、感情をどこまで見せるのかというのは事前に監督にご相談して、リハ―サルの時間もとってくださって。あの濃いキャラクターの皆さんの中で、どのくらいの怪しさがいいのか?一方で、絢奈の子どもらしいあどけなさもきちんと出したかったので、そのあんばいが本当に難しかったです」と自身が演じた役について語り、「なんといっても容疑者役ははじめてですので、とても楽しかったですし、キャストの皆さんのお芝居をまぢかで見られたのはすごく幸せで、とても勉強になりました」とコメントした。

 スペシャルドラマ・土曜プレミアム『死との約束』(フジテレビ)は3月6日21時から放送。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top