ほのか、ビールの売り子時代を振り返る「お客さんの名前と特徴をスマホにメモ」 | RBB TODAY

ほのか、ビールの売り子時代を振り返る「お客さんの名前と特徴をスマホにメモ」

エンタメ その他
ほのか【写真:竹内みちまろ】
  • ほのか【写真:竹内みちまろ】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 ほのかが、25日放送の『しゃべくり深イイ合体SP』(日本テレビ系)に出演。ビールの売り子だった頃の話を披露した。


 この日は「下積みが長い人は幸せなのかSP」ということで、芸歴20年の吉本芸人・本坊元児に密着した。現在、『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(同系)に出ている彼だが、普段は“山形県住みます芸人”として地元で畑を開墾。大根などの野菜を育てては、自ら売りさばいているという。

 ここでスタジオ出演者にも、そんな下積み時代のエピソードを聞くことに。子役出身の飯豊まりえはエキストラから始めたと語り、街頭に立って「舞台のチケットを買ってください」とお願いしていたと振り返った。

 ここで話を振られたのが、ほのか。もともと“可愛すぎるビールの売り子”として有名になった彼女だが、当時は「お客さんの名前と特徴をスマホにメモしていた」と告白。その仕事ぶりに共演者から「偉い!」と感心する声があがっていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top