アンミカ、ゆきぽよに苦言「危機管理は必要だった」 | RBB TODAY

アンミカ、ゆきぽよに苦言「危機管理は必要だった」

エンタメ その他
アンミカ【写真:竹内みちまろ】
  • アンミカ【写真:竹内みちまろ】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 アンミカが、25日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演。ゆきぽよに苦言を呈した。


  一昨年、とある男性が、ゆきぽよの自宅で違法薬物を使用し救急搬送されていたことが報じられた。男性は逮捕され、後日、彼女も尿検査を受けさせられたのだとか。結果は陰性であることが判明したが、この報道を受けてテレビやインスタグラムなどで謝罪している。

 この男は、当時、ゆきぽよの家に合鍵を渡され、出入りしていた地元・横浜の友人の1人で、彼女に好意を寄せ、交際を持ちかけていたというが、それに対し、ゆきぽよはきっぱりと拒否。その後、彼はゆきぽよの自宅で倒れて病院搬送され、このあとに薬物使用が判明した。だがゆきぽよは、男性が薬物を使用した気配は感じなかったという。

 これについてアンミカは、「(ゆきぽよは)コメンテーターとして、薬物に手を染めた有名人に鋭く切り込んでいた」としたうえで、「そことの整合性のつかなさに困惑している」と言及。「情が厚いヤンキーキャラだとしても、合鍵を渡すという行動と、発言のギャップの違和感が拭えない」と持論。

 「地元で仲が良かった友達に、『私、芸能界で人気出てきたからごめんね』と言えないとしても、そこの危機管理は、過去のいろんなニュースを見ていたら必要だったのかな」と述べていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top