“鼻出しマスク”に専門家も警鐘「マスクしてないのと同じ」!小倉智昭「常識的に考えたら分かりそうだが…」 | RBB TODAY

“鼻出しマスク”に専門家も警鐘「マスクしてないのと同じ」!小倉智昭「常識的に考えたら分かりそうだが…」

エンタメ その他
小倉智昭【撮影:浜瀬将樹】
  • 小倉智昭【撮影:浜瀬将樹】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 19日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、鼻を覆わずにマスクをする“鼻出しマスク”について解説された。


 先週末に行われた大学入学共通テストの試験会場で前代未聞の出来事が起きた。マスクから鼻を出していた受験生に対して係員が合わせて6回注意したものの従わなかったため失格になったという。そこで番組では、“鼻出しマスク”をしている街の人に調査。すると「鼻を隠すと苦しい」「喋ってくるとマスクが落ちてくる」「メガネが曇る」「自分が鼻から飛沫を出すことはない」といった回答が返ってきた。

 これについて昭和大学医学部客員教授・二木芳人氏は「呼吸は鼻を中心にしてやるので、人混みの中で鼻を出していると当然、自分が感染するリスクがある」と解説。さらに花粉の時期であることを告げながら、「咳やクシャミがある人だと鼻からも飛沫は飛ぶ」と述べた。

 理研のチームリーダーで神戸大学・坪倉誠教授も鼻出しマスクの危険性について、「鼻から空気を取り入れてしまうので、鼻を覆っていないと感染リスクが高くなる」と言及。さらに「(口と同じく鼻が)吸い込むというところで関していうと、マスクをしていないのと同じ」と語った。

 またスーパーコンピュータ・富岳のシミュレーションでも、マスクを鼻にしていないと、飛沫がかなり侵入することが判明。こうした現実について小倉智昭は「大体、常識的に考えたら分かりそうな話だが、ここまでこと細かくやらないといけないのか」と疑問を呈していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top