高橋一生、サイコパスな殺人鬼役に大喜び!?「ようやく自分に近い役が来た」 | RBB TODAY

高橋一生、サイコパスな殺人鬼役に大喜び!?「ようやく自分に近い役が来た」

エンタメ その他
高橋一生【撮影:小宮山あきの】
  • 高橋一生【撮影:小宮山あきの】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 高橋一生が、16日放送の『王様のブランチ』(TBS系)に出演。驚きの発言をする一幕があった。


 この日、高橋は日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』(同系)の番宣で、主演の綾瀬はるかと一緒に登場。綾瀬が演じるのは警視庁捜査第一課の刑事・望月彩子。綾瀬にとっては初めての刑事役とのことで、「警察手帳や手錠など慣れないことがいろいろある」と語った。

 対する高橋が演じるのは、ベンチャー企業の若きやり手社長・日高陽斗。表向きはスマートで人柄もよく、誰からも尊敬される人物だが、その裏の顔はサイコパスな殺人鬼。ここで役者経験も豊富なアンジャッシュ児嶋一哉が、「サイコパスな悪役って超難しいじゃないですか、どうでした?」と質問。すると高橋は「ようやく自分に近い役が来たかなって」と回答。

 これを聞いた児嶋は「え?サイコパス!?」と仰天。佐藤栞里も「衝撃的な……」と絶句し、綾瀬も大笑い。それでも高橋は至って真面目な表情で何度もうなずき、児嶋から「ウン、ウンじゃないでしょ」とツッコまれていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top