“高校5年生”の黒木ひかり、「おバカキャラで行っていいのか…」方向性に悩み | RBB TODAY

“高校5年生”の黒木ひかり、「おバカキャラで行っていいのか…」方向性に悩み

エンタメ その他
黒木ひかり【写真:竹内みちまろ】
  • 黒木ひかり【写真:竹内みちまろ】
【Amazon】5日間のビッグセール開催中!!(PR)■注目のタイムセール商品をチェックする

 黒木ひかりが、12月1日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に初出演。実生活と、仕事とのギャップに悩んでいることについて語った。


 この日のオープニング、高校を2年留年し、現在“高校5年生”であることが明かされた黒木。明石家さんまが冗談めかして「すっごいアホ、ということよな?」と聞くと、「そんなことないと思います」と否定。さんまが「出席日数が足らなかったの?それとも卒業試験に通らなかったの?」と尋ねると、彼女は「どっちもですね…」と答えていた。

 さらに彼女は、「ドラマに出演する時、天才科学者役や優等生役をいただくことが多い」と語りながら、一方でバラエティに出ることも好きと告白。その上で、「バラエティで(このまま)おバカキャラで行っていいのか…」「女優はしっかりしてないといけないという印象があるので、どうすればいいんだろう」と、方向性に迷いが生じていると語った。

 さんまが「女優として生きていきたいんでしょ?」と確認するも、黒木は「でもバラエティー大好きなんですよ、バラエティー出演することが大好きで」と繰り返した。するとさんまはスイッチが入ったのか「(バラエティー)そんな簡単なもんちゃうで!」と笑いながらも注意。これには出川哲朗も「話の流れじゃないですか、話の流れ」とツッコんだ。

 さらに黒木は「体張るのも好きなんですよ。皆さんとワチャワチャするのが」と告白。この言葉にフワちゃんが「危ない、危ない!体張るの好きとか言うと、さんまさんが危ないよ」と危険を察知。さんまもその期待に応えた形で、黒木に「お前ナメんなよ!」と声をあげ、笑いを誘っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top