『ドラえもん』50周年イヤーに売り上げ好調!1年間でコミックス・関連本が500万部突破 | RBB TODAY

『ドラえもん』50周年イヤーに売り上げ好調!1年間でコミックス・関連本が500万部突破

エンタメ その他
『ドラえもん』0巻 (c)藤子プロ・小学館
  • 『ドラえもん』0巻 (c)藤子プロ・小学館
  • 『100年ドラえもん』 (c)藤子プロ・小学館
  • 書店キャンペーン「ちょっとしたシールつき なんてことないティッシュくじびき」 (c)藤子プロ・小学館
  • 書店キャンペーン「ちょっとしたシールつき なんてことないティッシュくじびき」 (c)藤子プロ・小学館
  • 映画『STAND BY ME ドラえもん2』 (c)藤子プロ・小学館 (c)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners
【Amazon】5日間のビッグセール開催中!!(PR)■注目のタイムセール商品をチェックする

 藤子・F・不二雄さんが『ドラえもん』の連載をスタートして、今年で50周年。小学館はこれを記念して昨年から50周年記念出版物の刊行や、コミックス・関連書籍の書店フェアを実施してきたが、その結果、2019年12月~2020年11月の『ドラえもん』のコミックスおよび関連本の発行部数が500万部を突破したことを発表した。


 発行部数増加のけん引役となったのが昨年11月27日に発売された『ドラえもん』0巻。『ドラえもん』は実は合計6つの小学館学習雑誌・幼児誌の1970年1月号でスタートしていた。0巻には、それぞれ対象年齢向けに描かれた、これら6種類の第1話と、藤子・F・不二雄さんが描いたドキュメンタリーまんが「ドラえもん誕生」が収録されている。同コミックは2度の発売前重版も実施し、1年間で累計63.1万部突破というヒットを記録した。

 そして、原作漫画であるてんとう虫コミックス『ドラえもん』シリーズは、この1年間で発行部数が141万部を突破。特に今年3月には、コミックス第1巻の売上が1ヵ月で1.1万部超となり、単月実売数としては21世紀最大の売上を記録した。

 上記数字には含まれないが、12月1日発売の、てんとう虫コミックス『ドラえもん』の豪華愛蔵版セット『100年ドラえもん』は定価7万円(税抜)という高額商品にもかかわらず、1万セットを大きく上回る受注数をたたき出すなどブームとなっている。

 また、0巻の発売以降、全国の書店ではこの1年間で4度にわたっての「ドラえもんフェア」を実施。現在も全国書店では『ドラえもん』関連本を買うと、「ちょっとしたシールつき なんてことないティッシュくじびき」に参加できるキャンペーンを実施中だ。

 小学館のドラえもんルーム室長・松井聡氏は「この一年は藤子・F・不二雄先生が描かれた『ドラえもん』の人気の凄さに改めて驚かされました。まさに日本一のまんがです。今後も『ドラえもん』の春の映画、そしてあっと驚く新企画の数々にご期待ください!」とコメントしている。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top