来年10月スタート日曜劇場は『日本沈没』!小栗旬が11年ぶり主演! | RBB TODAY

来年10月スタート日曜劇場は『日本沈没』!小栗旬が11年ぶり主演!

エンタメ 映画・ドラマ
香川照之、松山ケンイチ、小栗旬、杏、仲村トオル
  • 香川照之、松山ケンイチ、小栗旬、杏、仲村トオル
【PICK UP】※これが、できるYouTuber・クリエイターのデスク環境だ※絶対欲しい!IKEAで見つけた昇降デスク!※今週のエンジニア女子

 俳優・小栗旬が、2021年10月スタートのドラマ『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)で、約11年ぶりに日曜劇場枠の主演を務めることが発表された。


 原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。翌年にはTBSでテレビドラマ化がされているが、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。刊行から48年の時を経て、今回は内容が大きくアレンジ。主人公を含め、オリジナルキャラクターで、2023年の東京を舞台に描かれる。

 小栗が演じるのは、主人公・天海啓示。今回、2010年主演の日曜劇場『獣医ドリトル』以来、11年ぶりに日曜劇場に戻ってくる。小栗が今作で演じる天海は、目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚。各省庁の次代を担う精鋭達を招集した“日本未来推進会議”に環境省代表として参加している中、日本地球物理学界の異端児・田所博士の“ある暴論”を通し、日本が未曾有の事態へと追い込まれていく運命に巻き込まれていく。

 そして天海と同じく“日本未来推進会議”に経産省代表として参加している常盤紘一を演じるのは松山ケンイチ。常盤は、大手財閥の父を持つことから産業界にも顔が利く有力な若手官僚で、“日本未来推進会議”では議長も務めている有能な人物。天海とは大学の同期で互いを認め合っている。松山と小栗の共演は『リターンマッチ ~敗者復活戦~』(東海テレビ・2004年)以来17年ぶりとなる。

 さらに週刊誌の女性記者・椎名実梨役には、杏が決定。椎名は正義感が強く、かつては政治部の記者だったが、攻撃的な姿勢が理由で週刊誌に異動させられた。新聞記者に戻るために大きなスクープをあげるべく、環境省の腐敗を暴こうと必死に取材を続けている中で天海と出会う。天海の大義に気付いていく中で、次第にお互いを仕事人として、また一人の人間として認め合っていくことになる。杏は、小栗とは今作が初共演。

 また、天海や常盤が参加している“日本未来推進会議”を発足した張本人であり、誠実さが売りで国民からの支持率が高い総理大臣・東山栄一役は仲村トオル。そして、原作でも重要な鍵を握る屈指の人気キャラクター、田所雄介を演じるのは香川照之。今作で日曜劇場出演11回目。小栗とは映画『キサラギ』以来14年ぶりの共演。

 小栗は、同ドラマについて「『日本沈没』という未だかつてない困難に立ち向かっていく作品です。ただでさえ苦しい環境の中、この題材は非常に難しいお話ですが、その中でも“希望”と“人間の強さ”を届けられるよう、自分を含め、キャスト・スタッフ全力で希望を持って真摯に作品に向かっていきます」と意気込み。松山は、「まだ全ての台本が手元に無いのでどんな話になるのか分かりませんが、想定外の国の危機に日本人はどう立ち振る舞っていくのか、どう助け合っていくのか、どんな答えが出るのか、楽しみです」と語った。

 香川は「政府側の海洋環境改革方針に対し、独自の理論で徹底的に異論を唱える頑固な博士の役です。ドラマの原作は何十年も前のものですが、環境破壊問題はいま別の形でこの地球を襲っています。その意味でも我々には、未来まで持続可能な環境への取り組みが不断に求められている。日本が沈没するという、かつては荒唐無稽と思われたテーマを通して、地球が現在抱えている多くの課題を、改めてこのドラマで訴えていきたいと思っています」と伝えている。

 日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)は、2021年10月スタート。
《KT》

関連ニュース

page top