鈴木紗理奈、学生時代はモテモテ "カーナンパ"の列 | RBB TODAY

鈴木紗理奈、学生時代はモテモテ "カーナンパ"の列

エンタメ その他
鈴木紗理奈 (Photo by Sports Nippon/Getty Images)
  • 鈴木紗理奈 (Photo by Sports Nippon/Getty Images)
 鈴木紗理奈が、6日放送の『この差って何ですか?』(TBS系)に出演。モテモテの学生時代を明かした。


 この日は、平成になって新たに登場したナンパ「カーナンパ」が紹介された。これは男性が車に乗ったまま、同じく別の車に乗っている女性に次々に声をかけていくというもの。当時は日本各地にカーナンパスポットができ、ナンパ目的の車が集まっていたのだとか。

 ここで加藤浩次から「それでナンパされたことはある?」と聞かれた紗理奈は、「ナンパされてご飯を食べに行って、毎晩ご飯はタダになってました」と回顧。女子校出身だったという彼女は下校の際、「高校から駅までナンパ車が並んでいた」と語り、「帰るまでナンパをずっとされていた」と振り返った。

 加藤が「だから車同士じゃなくて、女子が歩くところに車をとめていたと?」と言い直すと、紗理奈は「そうです。すごい時代でしたね」としみじみ。さらに大阪にある戎橋、通称“ひっかけ橋でも常に声をかけられ、30分くらいかけて渡っていたと話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top