加藤浩次、山口達也容疑者に苦言「そこの甘さがやっぱりダメ」 | RBB TODAY

加藤浩次、山口達也容疑者に苦言「そこの甘さがやっぱりダメ」

エンタメ その他
加藤浩次【撮影:こじへい】
  • 加藤浩次【撮影:こじへい】
 加藤浩次が、23日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、酒気帯び酒気帯び運転の疑いで逮捕された元TOKIO山口達也容疑者に苦言を呈した。


 同容疑者はきのう22日午前9時半ごろ、東京・練馬区の路上をバイクで走行中、信号待ちをしている前方の自動車に追突。通報を受けて駆けつけた警察官による呼気検査の結果、基準値の5倍のアルコール分が検出されたことから現行犯逮捕された。

 これについて加藤は、「1回、こういうことになってしまうと、全部がだめになってしまう」と苦言。さらに「飲んではいけないわけではないが、飲んだ時点でアルコールが自分の体にある中で、乗ってしまっている。そこの甘さがやっぱりダメだなと思ってしまう」とも述べた。

 番組での共演経験もある水卜麻美アナは同容疑者について「若手の時からお世話になってきた」と回顧。「仕事に真剣に取り組んでいた姿を見てきたので、(契約解除となった)2年間も真摯に自分の状況と向き合っていたんじゃないかと信じていた」と告白。

 一方で「こういうことがあると、その2年もみんなに信じてもらえなくなる」とし、「(アルコール)依存症かは分からないが、一人で闘うのが難しいとしたら、どんな助けがあったら戻れるというか、元気になれるかなということを考えている」と、苦しい胸の内を吐露していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top