野村周平、驚きのデビュー秘話…賞金150万円目当てに父が勝手に応募 | RBB TODAY

野村周平、驚きのデビュー秘話…賞金150万円目当てに父が勝手に応募

エンタメ その他
野村周平【撮影:小宮山あきの】
  • 野村周平【撮影:小宮山あきの】
 野村周平が、22日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演。驚きのデビュー秘話を明かした。


 彼のデビューのきっかけはオーディションだったのだが、そこには衝撃の出場理由があったという。これについて野村は「簡単にいうと、お金ですね」と説明し、「(オーディションのグランプリ獲得でもらえる)賞金目当てにお父さんが、俺を芸能界に売ったという形で…」と笑った。

 当時、彼は高校1年生だったというが、知らぬ間に父親にオーディションに応募させられていたようで、1次審査に合格したという通知メールが届いて初めて自分が参加したことに気づいたと回顧。

 最終的には3次まであったとオーディションを見事勝ち抜き、3万人の中から選ばれ、芸能事務所アミューズに所属。どんどん受かっていったときのテンションとして野村は「このまま俺は芸能人になるのか……」と考えていたと振り返った。

 ちなみに賞金は150万円。結局、野村本人の手元には入ってこなかったといそう。父親はそれを元手に店をオープンさせるも、「その店は結構すぐに潰れていた」と野村は語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top