和田アキ子、黄斑変性症の再手術を受けたことを告白 | RBB TODAY

和田アキ子、黄斑変性症の再手術を受けたことを告白

エンタメ その他
和田アキ子 (Photo by Christopher Jue/Getty Images)
  • 和田アキ子 (Photo by Christopher Jue/Getty Images)
 和田アキ子が、19日放送の『ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)で、目の病気の現状を報告した。


 和田は「コロナとかインフルエンザも心配ですけど」と切り出しながら、今週火曜日、加齢が原因で物がゆがんで見える「黄斑変性症」の再手術を行ったと告白。彼女は今年2月にも同じ症状で手術を行っている。

 彼女は術後、1日じゅう眼帯していたそうだが、「包丁も握れないしテレビ見ても頭痛いし、寝るって言っても寝られないもんね」とぼやき。さらに入浴や洗顔もダメだったという。

 続けて和田は、来月10月は左目、11月に再び右目、12月にまた左目と年内に4回治療をしなければならないと説明。パートナーの垣花正から「定期的に注射をしていくことが治療?」と聞かれると、和田は「もう治らないんですよ。治らないけどこのままでいくと見えなくなる可能性がある」と答え、「今の状態をキープさせるため」とも述べた。また1日4回点眼しなければならないことも語った。

 目の病気でいうと和田は、2018年に眼瞼下垂の手術をしたことも明かしている。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top