アンジー&ブルックリン、着ぐるみ姿で台本読み合わせのレアカット!映画『ゴリラのアイヴァン』 | RBB TODAY

アンジー&ブルックリン、着ぐるみ姿で台本読み合わせのレアカット!映画『ゴリラのアイヴァン』

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020 Disney and its related entities
  • (C)2020 Disney and its related entities
  • (C)2020 Disney and its related entities
  • (C)2020 Disney and its related entities
 11日よりディズニープラスで配信される映画『ゴリラのアイヴァン』より、同作に出演するアンジェリーナ・ジョリー、ブルックリン・キンバリー・プリンスが仲睦まじく台本読み合わせをしている様子が公開された。


 同作の舞台は、郊外にあるショッピングモールの小さなサーカス。そこで飼われている400ポンドのシルバーバックゴリラのアイヴァンは、年老いたゾウのステラや野良犬のボブたちと仲良く暮らしていた。アイヴァンの仕事は、大きな体から出るパワフルな雄叫びで観客を驚かせて、喜ばせること。だが、実際のアイヴァンはその外見とは裏腹に、優しく愛嬌のある可愛らしい魅力の持ち主だった。

 そんなある日、彼らの新たな仲間としてルビーという名前の赤ちゃんゾウがやって来る。小さい頃から人間の手で育てられ、自らのルーツが曖昧なアイヴァンは、ルビーと交流を深めていくうちに、はるか遠いジャングルで過ごした日々の微かな記憶を蘇らせる。そしてアイヴァンは、自分の大自然(ふるさと)への想いを表現するために、絵を描き始める。作中でアンジェリーナ・ジョリーは、ゾウのステラの声を担当。さらに、赤ちゃんゾウのルビーの声を、ブルックリン・キンバリー・プリンスが演じた。

 公開された写真には、お揃いのゾウの着ぐるみを着て、台本の読み合わせを行う2人の姿。この着ぐるみは、ブルックリン・キンバリー・プリンスがアンジェリーナ・ジョリーと一緒に着るために用意したもの。アンジェリーナ・ジョリーに見せると、とても喜んで、すぐに着用。そのまま台本の読み合わせを実施したという。アンジェリーナ・ジョリーはこの日を振り返り、「私たちは本当にゾウの家族みたいになったのよね(笑)とてもキャラクターに入れ込んだから」とコメントしている。

 さらに、YouTubeでは、アンジェリーナ・ジョリーと、主人公アイヴァンの声を演じたサム・ロックウェルのインタビュー映像も公開されている。



《KT》

関連ニュース

特集

page top