「人生は七転び八起き」故・内海桂子さんの言葉収めた書籍発売決定 挿画はカラテカ矢部太郎 | RBB TODAY

「人生は七転び八起き」故・内海桂子さんの言葉収めた書籍発売決定 挿画はカラテカ矢部太郎

エンタメ その他
『人生は七転び八起き』(飛鳥新社)
  • 『人生は七転び八起き』(飛鳥新社)
  • 『人生は七転び八起き』(飛鳥新社)
  • 『人生は七転び八起き』(飛鳥新社)
  • 『人生は七転び八起き』(飛鳥新社)
  • 『人生は七転び八起き』(飛鳥新社)
 8月22日に逝去した内海桂子さんの最後のメッセージを収録した書籍『人生は七転び八起き』(飛鳥新社)が9月10日に刊行される。


 大正、昭和、平成、そして令和と4つの時代を駆け抜けた漫才師・内海桂子さん。しかし、その生きざまは決して順風満帆ではなく、貧しい生い立ちにはじまり、いじめで自殺を考えた日々、シングルマザーとしての苦労を抱えた時期など、波瀾万丈の人生を過ごしてきた。

 同書では「人生は七転び八起き。転んだら起きればいいんです。人は死ぬ気になれば、だいたいのことはできるはずだし、下り坂があるから、また上れるんです。下りっぱなしなんてことはないんです。今日がダメでも明日がある。関東大震災も戦争も生き延びてきた私が言うんだから、間違いありません」など、内海さんが七転八倒の人生から得た教訓や知恵が収録されている。

 挿画は、お笑い芸人で漫画家のカラテカ矢部太郎が担当。内海さんの日常を描いたイラストは26点。弟子であるナイツや夫・成田常也との微笑ましいエピソードを描いたイラストも掲載されている。『人生は七転び八起き』(飛鳥新社)は、9月10日発売。
《KT》

関連ニュース

page top