感染者2人出した『サンジャポ』、MCの太田光が放送実施の事情説明 | RBB TODAY

感染者2人出した『サンジャポ』、MCの太田光が放送実施の事情説明

エンタメ その他
太田光(Photo by Sports Nippon/Getty Images)
  • 太田光(Photo by Sports Nippon/Getty Images)
 出演者2人の新型コロナウイルス感染が判明した『サンデー・ジャポン』(TBS系)が30日放送され、冒頭でMCの爆笑問題・太田光が「番組としてはスタジオ内でのクラスターは起きてなかっただろう、いちおう今週はやろうということになった」と放送実施に至った事情を説明した。

 同番組出演者のうち、MCの爆笑問題・田中裕二とアシスタントの山本里菜アナウンサーは先週、PCR検査で陽性と判定された。このため30日の放送では、田中の代役としてずん・飯尾和樹、山本アナの代役として良原安美アナが出演した。

 太田によると、先週23日の放送の2日後、田中の妻の山口もえが発熱し、PCR検査で陽性と判明。濃厚接触者に当たる田中も26日に陽性の結果が出た。このため先週の放送で田中の隣にいた山本アナもPCR検査を受けたところ、陽性だった。スタジオで集団感染が起きた疑いもあることから、スタッフ全員にPCR検査を行った結果、全員が陰性。これを受け、30日の放送は通常通り行うことが決まったという。

 太田はまた、田中の病状について「最初はせきがでていたが、今は安定した状態で、せきも収まっている」、山口については「熱も収まっている」とした上、「子どもが3人いる5人家族だが。5人とも同じ病院の同じ病室に入れたのはラッキーだった」と話した。山本アナについても「最初はせきが出たらしいが、今は安定して通常の状態になっている」と説明、「山本さんは一人で心細いと思うが、自分の体が一番なので、ゆっくり休んで元気になって帰ってきて欲しいと、スタッフ全員思っている」と語った。

 さらに、田中がMCを務める『秘密のケンミンSHOW極』(読売テレビ・日本テレビ系)に代役で出演したことを明かし、「非常に評判が良かった。『これからは太田さんにしちゃおうかな』なんて言われたので、安心して休んでください」と冗談を交えながら田中にメッセージを送った。
《角谷》

関連ニュース

特集

page top